投資資金について少しでも「おかしい」と思う方、自分で判断する前に専門家にご相談下さい。損金なのか被害金なのか判断します。

被害ポイント

被害のポイントです該当する方は注意

①職場、携帯、家に勧誘の電話が入る。
(個人情報を不当・不法に入手していると思われます。)

②売買報告書を渡さずに営業マンが持参して、確認させて署名押印をとり持ち帰る。

③「相対取引」について詳細な説明がなかった。(ほとんどが相対取引での被害です)

取引を開始して少しすると両建て(買いと売りの両方を持つこと)を言われる(かなり悪質です、要注意)
⑤さらに悪質なのが、契約するまで連絡して来たり、面談時に契約するまで帰らない営業マン。
利益が出ても返金はしないで、とにかく一方的に入金だけさせる。
売買報告書、売買計算書をお客様に渡さないで持ち帰る(見せてサインをとり持ち帰る)。このような会社は悪質性が高いと言えます。売買報告書はお客様に必ず渡さないといけない大切な書類です。お客様に取引内容を確認させないための悪質な手法になりますので要注意して下さい。
④と⑥は特に悪質性が高いので該当する方は至急相談して下さい!!

被害者は全国にいますが、沖縄県と千葉県、茨城県の被害は深刻なケースが多いのも特徴です。

以上になりますが、他にも「おかしい」「損ばかりする」などと最初の説明と違う方も架空取引など被害の可能性があります。

取引を終了されている方で、泣き寝入している方、相手の会社が倒産した、営業マンと連絡が取れない、などとあきらめている方は相談してください。
相談してからあきらめても遅くはありません。

被害無料相談専用フリーダイヤル

0120-694-060

受付時間 8:00~20:00 ※土・日・祝も受付

Copyright © 2015 Honu情報センター All Rights Reserved.

〒540-0024大阪府大阪市中央区南新町1,0120-694-060

ページの先頭へ戻る