投資資金について少しでも「おかしい」と思う方、自分で判断する前に専門家にご相談下さい。損金なのか被害金なのか判断します。

迷惑、執拗な勧誘

特徴として、とにかく執拗です
会うまでは何度でも連絡してくる、携帯だけでなく会社まで連絡してくる。会うと契約するまで話が終わらない。業者からの話を聞く場所としては被害者の車内かファミレスが多く、断ると、裁判するなどと言ってくる例もあります (実際には裁判などはありえないが)。話が長引いて深夜になることもあります。契約するまで帰らないし投資する資金がないときには、消費者金融まで行かされることもあります。

契約後は毎日、連絡するように言われます (クーリングオフをさせないために)。

しばらくすると、
「一口では不利になる」(実際にはありえないことです)
「足りない分は 「プール金」からだします」 (プール金と言う言葉を聞いたら要注意)
「立て替えますので両建てにしましょう」
などと、 投資金額を増やすように言われます、

  • 会うまでは何度でも連絡してくる。
  • 会社や家、携帯電話などに何度も連絡されて断りきれなくなり、仕方なく面談してしまう。
  • 契約するまで帰らない・電話も切らせない。
  • 「契約しないと訴える。」
  • 「契約しないのになぜ会った」などと言われる

以上の内容に少しでも該当する方は至急相談して下さい。

悪質な業者(社員)も多くあります。このような感じで契約させられて無理やり取引に参加させられてしまう。さらにひどいケースになりますと、消費者金融までついて来て借り入れをさせることもあります。

無料相談にて先物取引被害度の判断をします

今回の取引にて損したお金について少しでも 「おかしい?」 と思う方は!

  • 先物取引被害なのか、自己責任なのか
  • どの程度の被害回復が可能なのか(いくらぐらい取り返せるか)
  • 取引を継続している方については、現在の建て玉状況に対するアドバイス

海外先物取引被害専用フリーダイヤル

0120-694-090

Copyright © 2015 Honu情報センター All Rights Reserved.

〒540-0024大阪府大阪市中央区南新町1,0120-694-060

ページの先頭へ戻る