投資資金について少しでも「おかしい」と思う方、自分で判断する前に専門家にご相談下さい。損金なのか被害金なのか判断します。

カーボンエミッショントレード(CO2排出権取引)、という取引について注意して下さい

取引内容は相対取引になります。
この相対取引に大きな問題があります。
相対ですので、誰かと誰かが相対することになります。
では、誰と誰になるのでしょうか?
相手の会社とお客様が相対することになる取引です。
つまりお客様が勝つと取引している会社が負けることになります。
会社が負けた場合に、会社がお金を払う取引なのにお客様に有利な情報を提供すると思いますか?
あるはずないです。
相手の会社の言い分としては、取引内容はカバー先にカバーしており弊社は手数料だけもらっているので何の問題もありません。
本当でしょうか?
 
カバー先を明記していない会社はカバーしていない可能性が極めて高いので、悪質性が高いと言えます。
取引で損させて手数料で損させて、ダブルパンチになります、さらに悪質なのが両建てです。売りと買いの両方をもたせて相対取引させること自体に悪質性があります。
どちらにしても手数料は払うことになり、取引の成立時間もわかりません。
取引が始まってから終わるまでの間には価格は変動します。
お客様に不利な価格で約定させるわけなので、最終的にこの取引で勝てることは絶対にありません
さらに悪質なのは借り入れまでさせる会社です、消費者金融、銀行、カードローン、妻(夫)名義のお金、
子供名義、定期預金の解約などは論外になります。
 
参加されている方は十分に注意して下さい。
過去に参加して損させられた方も諦めずに相談して下さい。
 
 

 

無料相談専用フリーダイヤル

0120-694-060

受付時間 8:00~20:00※土・日・祝も受付

Copyright © 2015 Honu情報センター All Rights Reserved.

〒540-0024大阪府大阪市中央区南新町1,0120-694-060

ページの先頭へ戻る